RSS

日別アーカイブ: 2009年2月8日

秦野の手打ちそば

自分のお店専用のそば畑を保有している、蕎麦屋さんが
秦野にあるとのことで、行ってみました。
 
秦野の駅から、更にバス10分、バス停から徒歩5分とのことで、駅の観光案内所で
聞いても、詳しい場所が分からず…
その代わり、近くの「ジャスコ」にも出店しているとのことで、近場で済ませる
ことにした。
10分少々歩いて、ジャスコに到着! 目指す、蕎麦屋さん「庄太郎」さんを発見!
 
まずは、定石の「熱燗」(高清水)、そばがき 秦野ならではのゆで落花生と
ピリ辛煮込みをいただく。
 
  
 
そばがきは、成形して汁に浸していないで、本当に掻いたままの形で出てきた。
醤油と薬味でいただいた。都内の蕎麦屋では、まず1,000円は下らないが、ここでは
450円と、とても良心的な値段だった。
量も少し少ないけど、酒のつまみならこれくらいで十分!

もりそばか天せいろにしようと、心に決めていたけど、メニュ-の「鴨せいろ」の

文字を見たら、ついつい鴨せいろを注文してしまった。

鴨せいろは、お汁の中に入っているネギに焦げ目をつけてくれていたので、
香ばしさがあり、蕎麦は十分な香りで、硬めに打っており、腰があって良かった。
鴨肉は、厚みが薄めだが、脂身が少なく、好き嫌いはあると思う。
もう少し、お汁が熱々で、本わさびと下し金が出てたら、私的には満点です!

秦野のジャスコさんから秦野駅にぶらぶら歩いていたら、面白い看板を見つけた
普通の商店街にある肉屋さんで、猪・鹿・合鴨肉なんて、余り売ってない…


 
コメントする

投稿者: : 2009年2月8日 投稿先 そば