RSS

月別アーカイブ: 4月 2009

江戸を求めて…浅草から向島まで!

今日のルートは、地下鉄『浅草駅』を皮切りに、『仲見世』『浅草寺』『花やしき』経由で

『新吉原』跡を探索し、『待乳山』から『言問橋』を渡り向島へ、

『牛嶋神社』『三囲神社』『弘福寺』『長命寺』『白髭神社』『向島百花園』を訪ねて

『東向島駅』で幕を閉じることで計画した。

  浅草寺パノラマ1 P1000206

 仲見世パノラマ

浅草といえば、お馴染みの雷門・浅草寺・仲見世。

朝の10時少し過ぎというのに、観光客でごった返す仲見世!

 

 P1000209 P1000211

㊧せんべいや「和泉屋」     ㊨扇屋「文扇堂」

 P1000214 P1000229

㊧あげまんぢゅう「金龍山」  ㊨これがあげまんぢゅう130円/個

あげまんぢゅうは1個食べられれば良かったのだが「1個売りはしない」

と公表しており、仕方なく6個入りの箱詰めを買った。

P1000217 P1000219 

       ㊧趣味玩具「助六」    ㊨助六のショウウインドーに展示していた茶屋のミニチュア

 

P1000225               P1000222

㊧お水舎の高村光雲作の龍神像(沙竭羅(さから)龍王像)    ㊨五重塔

P1000230               P1000231 

㊧花やしき(浅草門)       ㊨自販機(風神・雷神のイラストが浅草らしい)

 

㊧吉原角町通             ㊨吉原大門通

大門の石礎でもいいから、何か残っていないかと思い、ここ「新吉原跡」を訪ねて見たが、

残念ながら通の名前にその面影を残すのみで、有形の面影は見出せなかった!

当時はこの一画を高塀と堀でめぐらし、足抜けする遊女やただ乗りの客を逃がさないようにしていたはずだ!

ただ、この一画は今でもソープ通りとなっており、昼間から各店舗前には厳ついお兄さんが

立っており、高級車がこの時間から出入りするのを見ると、業種はある程度受け継がれているのか?

と思ってしまったが、時代劇に登場する吉原とは雰囲気がだいぶ違うぞ!

もうひとつ、写真は撮らなかったが、角町通入口に「性病」の看板をひときわ大きく

掲げた、開業医が何とも、他所との雰囲気の違いを醸し出している。

 何とも、 戦災で焼残った京都と一面焼野原となった東京との違いを痛感しながら、

(墨田)川向こうへ行くべく、言問橋を目指し、30分ほどの距離を歩いた! 

 

P1000240P1000241 

 ㊧言問橋から左岸の眺める         ㊨同様に右岸を眺める

 

昼食はごま油のたっぷりと効いた天丼にしようと思っていたが、

観光客目当てに値を吊り上げた天丼は食べたくなかったし、

「土手の伊勢屋」さんは長蛇の列だったので、もう少し我慢して

言問橋を渡ったところにある「藪蕎麦」に入った!

(やっぱり、今回も蕎麦になってしまったか…)

伊勢屋さんの天丼を食べようと並んで順番を待つ人、人、人…

  休日でも開けてくれていた蕎麦屋さん「言問やぶ」に入った!

P1000242

恒例の熱燗(昼酒は堪りません!)

  P1000243 

  つまみは「白菜漬」と「板わさ」にしました!

蕎麦味噌や蕎麦がきはお品書きにはありませんでした。

  

P1000245 P1000244

  蕎麦は㊧たぬきせいろと㊨鴨せいろで満足!

ご馳走さまでした!

価格は結構リーズナブルで、締めて2,750円也。

昼食休憩が終わって、さて後半は隅田川の向島岸を歩くことになります。

 

P1000254     P1000255

㊧川下りの遊覧船            ㊨三囲神社(門が閉まっており、入れませんでした)

池波正太郎さんが子供の頃、よく遊んだらしい「待乳山聖天」を向島岸から撮影

   

  

㊧  「牛嶋神社」の一の鳥居

  ㊨参道脇にある「撫で牛」:自分の痛いところと牛の同じ部位を撫でると病が治るという言い伝えがある。

 

 

  P1000260 P1000257

川岸から1本入った、生活道路を歩いていたら、喫茶店ともパン屋さんとも見えるお店があり、思わず入店!

レーズンとチーズの入ったパンを所望した、焼き立てでやわらかく、

それでいて食べるともちもちしており、満足する一品でした!

㊨は沿道に咲く「都忘れ」の可憐な花

 

P1000267 P1000266 

せっかくここまで来たのだから、食べない手はないと、食後のスイーツに「言問団子」を店内でお召し上がり!

お茶もついて、お持ち帰りと同じ値段600円也。(3個/人前)

P1000268 P1000320

「あげまんぢゅう」「言問団子」とくれば、長命寺の「桜もち」も食べないわけには行かず!

…と思ったがさすがに、食べきれないので、お持ち帰りとさせてもらった。

言問団子の店と対面に位置し、どちらも1,200円/6個です。

もちを包む桜の葉は大きくて立派です。

 

 

もう少し歩くと墨田川七福神のひとつ「白鬚神社」にたどり着く。

ここは、西暦951年に奉られたという由緒ある神社である。

  

二の鳥居とご本殿の間の高層ビルが対照的な景観を生み出す。

P1000283 

白鬚神社の境内に咲いていた「おがたま」の花。

外観は地味だが香りがユニークで、バナナフレーバーの匂いがする。

 

  【向島百花園】

P1000313

白鬚神社からほんの少し歩くと、向島百花園の入口が見える。

 

P1000288 P1000286

㊧ヤマブキソウ              ㊨シラン

 

P1000291 P1000289

㊧ケマンソウ(タイツリソウ)             ㊨スズラン

 

P1000296 P1000292

㊧タニウツギ             ㊨クロバナロウバイ

 

P1000299 P1000298

㊧ヤエヤマブキ                 ㊨アセビ

 

P1000306 P1000300

㊧キショウブ                  ㊨アヤメ

 

P1000310 P1000309

㊧シャガ             ㊨シライトソウ

 

P1000312

 

P1000314

向島百花園の前で、商いしていた黄色い服が良く似合う「きび団子」屋さんのおばさん!

2串100円でとても懐かしいおいしさだった。ごちそうさまでした!

 

P1000315P1000316 

帰りは東武鉄道 東向島駅から東急線直通運転の電車で帰途につく!

 

 

***********************************************************************************************************************************************************************



 

 
コメントする

投稿者: : 2009年4月26日 投稿先 江戸

 

はじめての高尾山!

桜の季節、紅葉の季節も素晴らしいらしいけど、まず新緑の高尾山を訪れました!

恥ずかしながら、家内もオイラも信仰心が薄いのか高尾山は初体験!!

とりあえず、京王 高尾山口駅をナビの目的地に入れた後は教えられる通りにドライブ!!!

 

7:40分ごろに拙宅を出て、途中コンビニで飲み物等を仕入れ、7:51にいざ出発。

 

 拙宅からの道のりは32km強、時間にして1時間20分、

よって平均速度は24km/h程で高尾山口駅に到着。

駅前の駐車場はこの時間で既に『満車』の表示が…

駐車場の係員さんに、奥の神社の境内に誘導される。

桜の木の根元の傾斜地を指示される、この場所でも料金は同じ1,000円/日。

 

帰りには、ボディーに散らばる鳥の糞を拭き取り、降り積った桜のおしべを払い落す作業が追加された。

山頂までのルートは7通り程あるが、一番楽なケーブルカー利用+#1ルートを選択した。

  

ケーブルカー下駅(清滝駅)

  

 

ケーブルカー(若葉号)

  

ケーブルカー上駅(高尾山駅)

  ケーブルカー運賃:往復大人900円(片道470円)往復子供450円(片道230円)

 

ケーブルカー上駅で売っていた、「天狗焼」120円/個 黒豆の餡が入ってアツアツでうまい。

カロリーの補給完了!

 

ケーブルカー上駅(高尾山駅)見晴台から見た景色

(天気は上々だったが、春霞のせいで景色はぼやけている)

ケーブルカーを降りて、さる園・野草園の横を通り、二股道(右は比較的に緩やかな女坂、
左は急峻な階段の男坂)を登り詰めると、少しで『高尾山薬王院』に到着する。

所要時間は15分程か?軽い登りを歩いた。

 

今日(4月19日)は、春季大祭と称し稚児の行列が行われていた。

  『高尾山薬王院』から更に15分程、階段と登坂を歩くと、高尾山頂上広場に着く。

360°のパノラマが開けるが、春霞のため遠くの富士山はぼやける。

山頂からの山並 

P1000065

【散策コースで見つけた草花】

P1000073 P1000069 P1000071

㊧アオイスミレ         ㊥ミミガタテンナンショウ      ㊨ スミレの群生

ミニチュア四国八十八ヶ所の巡礼:埋設された石ころを踏付けてお参りすると、

手軽な八十八ヶ所巡礼が叶うとか?

 P1000081 P1000083

P1000088 P1000090

昼食はやはり蕎麦『山菜そば』『かき揚そば』どちらも900円!

P1000111 P1000112 

【沿道の草花】

P1000118 シャガ

 

P1000124桜色の石楠花(しゃくなげ) 

   
P1000125ノジスミレ
  
 

P1000126 躑躅(つつじ)

   P1000133 赤い石楠花(しゃくなげ)

帰途につき、2kmちょっと走って甲州街道から町田街道へ右折。

P1000138 P1000139 

途中、昔蕎麦屋だった店がいつの間にかコーヒー店に、休憩兼ねて入店!

コーヒーもおまけに出た抹茶味ババロアも洋菓子もおいしかった!

P1000145

ついでに、夕飯の買い物にスーパーマーケットによって、拙宅に到着!

  

P1000149 P1000147 P1000148

到着時刻:15:45 所要時間(寄り道を除く):1時間23分 道のり:34km でした。

************************************************************************************************************************************************************************************************



 
コメントする

投稿者: : 2009年4月19日 投稿先 そば, 寺社・仏閣