RSS

月別アーカイブ: 1月 2010

初めての小机城址市民の森 (2010.1.31)

かっては港北区民であったにもかかわらず、同区の小机城址は未踏の地であった!

今日は頑張って電車利用で行ってみた。

電車利用の理由は、専用の駐車場がないこともあったが、

どうせ電車なら昼食を蕎麦屋で熱燗の誘惑も確かにあった!

朝9時過ぎに拙宅を出発し、JR横浜線の小机駅を目指す!

地図画像

場所はここ(赤いプッシュピン)JR横浜線小机駅の改札を出て左側(余り人が行かない寂しい方)

出口で下りて、線路に平行・鴨居方面に歩いて10分弱で入口に到着する。

㊧駅前から小机城址の森を臨む(真中の小高い森) 

㊨㊤入口の表示(これがなかったら入口が分からない) ㊨㊦入口の少し手前の案内板

 

P1030999

㊧根小谷:根小屋の意味ではなかろうか?しかしそれにしては少し狭いか?

今はきれいなトイレになっている。

 

先ずは本丸を目指す、途中の高低差は空堀や切岸のような所を通るため結構きつい。

 

P1040006

本丸につながる土橋(左右は結構深い空堀)

現状で空堀の幅は目測20m程度。

 

P1040009

小机城の解説

 

本丸曲輪には、何故かブルーシートが敷かれていた。最近作られたものだが鏑木門。

解説の中に「調査実績が少ないので断定できません…」と断りがあるのが謙虚かつ異彩!

 

P1040016

本丸から二の丸への土橋を堀底から撮影

この写真では分かりにくいが、本丸より二の丸の方がわずかに高いことから、

本丸・二の丸は自信のない解説とは逆なのかもしれない…。

二の丸曲輪 ここの解説にも「資料不足…断言できません」と

記載されているのが微笑ましい。

 

P1040025

二の丸より一段下がった「腰曲輪」または「帯曲輪」

解説では「井楼跡」とあった。

 

解説三種

 

P1040029

土橋 本丸と二の丸の間に空堀が2本ある、つまり2本の空堀の間は土塁である。

土塁の頂部は馬踏み状に広くなっており矢倉(櫓)があったということである。

写真は本丸とその馬踏みを結ぶ土橋。

 

P1040034

二の丸に一輪だけ咲いていた…

 

P1040042P1040040

㊧第三京浜で分断された所にある「富士仙元」 ㊨富士仙元の頂上にある石碑

ここは、現状の城址では一番高い所にあるので、物見櫓でもあったのかもしれない。

石碑には「富士仙元大菩薩」とある。文久年代(幕末)の作らしい。

 

 【小机城址俯瞰写真】

P1040044

第三京浜が堀切のように分断しているが、

右側の森が本丸、二の丸のある所で、左側の小高い所に富士仙元がある。

 

【オイラの勝手な考察】

住宅地にある城址としては、遺構が良く残っており一見の価値はある。

しかし、自信のない解説に現れているように、もう少し調査を行った上で

保存にも、もう少し費用を投じてほしい。

このままでは、いずれ踏み荒らされ風化してしまう危惧がある。

ただ、「市民の森」と銘打っているにもかかわらず、オイラが歩き回った

1時間余りの間、誰一人とも出会わなかった。

写真撮影の上では、人が居ないことは好都合であったが、

日曜日の日中に誰も訪れていない「市民の森」とはいったい何…?

 

【最後のお楽しみ】

P1040045 P1040046

小机駅付近の商店街の蕎麦屋で…と思って蕎麦屋を探したが、

残念ながら小机駅近くには蕎麦屋さんが一軒もありませんでした。

駅前の自転車屋のご主人に尋ねたら

「最後の一軒が一ヶ月前に店を閉じて、この辺には蕎麦屋がなくなってしまったよ!」

とのことで、写真の熱燗と天蕎麦は拙宅近くの「翁庵」で少し遅い昼食です。

 

********************************************************************************************************************



 
コメントする

投稿者: : 2010年1月31日 投稿先 城址・城跡

 

愛川町(愛甲郡)の寺社を訪ねてみました!(2010.1.30)

三門が立派だという愛川町の龍福寺・勝楽寺と山伏の修行場であったという八菅神社を訪ねてみた!

場所は以下の地図のプッシュピンの場所

愛川町寺社巡り
愛川町寺社巡り プッシュピン(左:勝楽寺 中:八菅神社 右:龍福寺)

愛川町の要所に以下のような「イラストマップ」が掲示されていた。

P1030946

【龍福寺】

P1030918

しっかりと積まれてはいるが、決してモルタル等で固めているわけではなく

お城の様な石垣でぐるり囲まれ、参道の階段上には櫓(楼)門形式の三門、

下半分は白袴を施した門の両側にはしっかりと仁王の門番が控えている。

  

P1030928P1030930

㊧ご本殿             ㊨鐘撞堂

  

フル アルバムを表示   クチナシの実 ㊨㊤境内のミニ庭園入口の三門 ㊨㊦蝋梅

 

P1030935 P1030931 P1030933 P1030939 P1030936 P1030937 P1030938

境内をたっぷり見せていただき、七福神巡りまでできてお得感たっぷり!

次の勝楽寺へ向かう…

  

【勝楽寺】

P1030944

偽りのない立派な三門、それも結構年代物に見える!

わざわざ人が多い鎌倉まで行かなくても、

ここで立派な二重門形式の三門を見ることができる!

力強い仁王様もちゃんといる。

  

P1030945

立派なはずだ、かなり由緒ある三門である、遠州奥山半僧坊も分祀しているとのこと。

  

P1030948P1030955

㊧三門より前にある一の門(四脚門)   ㊨三門の後にある三の門(四脚門)

  

P1030956P1030957

㊧ご本堂              ㊨半僧坊

  

P1030959P1030965

㊧鐘撞堂            ㊨蝋梅越しのご本堂

  

【手打ちそば 仙場さん】

時間的にも昼近くなってきたので、次の八菅神社に行く途中に蕎麦屋があったら

入ろうということで、手打ちそば「仙場」さんでワサビ代わりに

長野産の大根おろしがついた「からみそば」950円を頂いた!

Uuuu…? 850円だったか??? ごちそうさまでした!!

P1030972 P1030969

【八菅神社】

㊧八菅神社一の鳥居 ここから急勾配の石段が延々と続き、

登り切ったところが、㊨㊤の本殿 ㊨㊦は鐘撞堂

  

P1030977

由緒ある神社である、やはり山伏の修行場であったらしい!

  

途中で見かけた野鳥たち

 

最後に、野生の日本猿の群れの動画をどうぞ!

民家の方いわく「宮ヶ瀬ダムができて以降、猿のテリトリーが変わったのか?

山に食べ物が少なくなる今頃になると野菜畑を荒しに来て本当に困ってしまう…」

とのことでした。被害は深刻のようです!

  
愛川町の野生猿

***************************************************************************************************************************************



 
コメントする

投稿者: : 2010年1月30日 投稿先 そば, 寺社・仏閣