RSS

月別アーカイブ: 10月 2015

庚申の日の柴又帝釈天(2015.10/11)

晴れ渡った秋晴れの日、とはいかなかったが未明に降り出した雨が

午前中に止んだので、予定通り庚申の日の柴又帝釈天を訪れてみた。

60日に一度巡ってくる庚申の日は帝釈天参道で縁日が立つらしい。

結果から述べると、縁日はほとんど分からない程度で祭りの縁日は期待できない。

庚申の日だからなのか、3連休だからなのか、寅さん人気からなのか、

八幡様の祭礼があったからなのか不明だが、人出は結構多く参道は賑やかだった。

日蓮宗では天帝は即ち帝釈天らしいが、庚申講にまつわる石像物などは

見られなかった。建物に飾られていた彫刻類には猿が多かったのが

何となく庚申に関係ありそうだと思えた程度でした。

映画「男はつらいよ」に関しては、柴又駅と参道と江戸川河川敷が主なロケ地であり、

未だに映画の一場面が甦る場所が幾つか残っている。

DSCN9198

DSCN9202

DSCN9199

寅さんの映画でもお馴染みの柴又駅前の様子だが、

ここ何十年もほとんど変わっていない気がする。

DSCN9204

三猿の石像

DSCN9207

DSCN9208

柴又の駅から参道を通って帝釈天の三門まで歩いたが、

縁日らしいものは特になかった。

庚申の日ということよりも駅向こうの八幡神社の祭礼のためか、人通りは多かった。

DSCN9221

三門から参道へ!

げんちゃんが門前の掃除を怠けている所に御前様が「こらっ!」

そこに左からさくらが自転車に乗って出てきそうです。

しかし、縁日の露店は?右側に写っている赤い軒がそうかな?

DSCN9224

昼食は「さくら定食」1,500円だったかな?

MAP_1

MAP_2

PEB_note

DSCN9265

DSCN9268

久し振りの帝釈天でした。

************************************



 

平塚の長楽寺(2015.10/10)

平塚の長楽寺訪れてみました。

10月の3連休の初日、天気予報では連休二日目の明日は本格的な雨。

暦では明日は休日と重なった「庚申の日」、

天候の悪さを押して柴又の帝釈天に行ってみる予定です。

地図によると、JR平塚駅から常楽寺までは2km足らずなのでもちろん歩いた。

暑くもなく寒くもない今頃は快適に歩ける。

DSCN9191

長楽寺まで歩く途中、商店などは余りなく、

広めの車道と歩道が平塚南口の特徴のようです。

そんな中、代官町におしゃれな海鮮料理を食べさせるレストランがありました。

メニューを見るとイギリスでポピュラーなフィッシュ&チップス等もあって、

帰りに昼時店の前を通ったら、お客さんで満員でした。

wallk LOG

平塚駅南口から南東方向に歩いてルート129を超えた先に長楽寺はあります。

pe_note

DSCN9160

やはり途中の路傍にあった新しい馬頭観世音塔

昭和六十年七月吉日再建と裏面に彫られていました。

DSCN9162

長楽寺手前にあった三嶋神社にも参拝。

DSCN9165

ゆっくり歩いて20分強で長楽寺に到着。

DSCN9166

境内の隅に石塔ばかり集められていました。

DSCN9169

DSCN9167

四臂青面金剛像 二猿 舟形

解説板によると、二猿と四臂青面金剛像の庚申塔は県内に6基しかないらしい。

他の同様の庚申塔が承応二(1653)年から明暦四(1658)年の間に建立されたものであるということからこの塔もその年代の建立だろうとのことです。

一般的な三猿・六臂青面金剛像の前身であるとのこと。

DSCN9168

四臂合掌青面金剛像・三猿

享保三戊戌(1718)天 十月吉日

DSCN9170

道標を兼ねた六臂合掌青面金剛像・三猿・二鶏

安永五(1776)丙申八月吉日

DSCN9178

三猿庚申塔

(梵字)奉造立庚申供養塔 貞享四丁卯 四月吉日


昼食は繁華な駅の北口に行きました。洋食屋さん「紅花」さんにしました。

DSCN9195

DSCN9196

瓶ビール1本とランチ2種でオイラの暗算では合計1,750円だった。

でも精算の時、レジで何故か1,770円と出た、

そして、1,800円出したら「はいお釣り20円」と言われた

ここだけは、デジタル表示が目の前にあったので、

ちゃんと突っ込んで10円返してもらったが、

何か腑に落ちない精算でした。

DSCN9193


DSCN9197

************************************