RSS

カテゴリー別アーカイブ: グルメ

早春の吾妻山再訪(2020.2/8)

以前も同時期に行った記憶があるが、

菜の花越しの富士山を観たくて二宮まで行ってきました。

小田厚に乗って、ナビに臨時の市営駐車場をセットして、ナビ任せで走った。

てっきり二宮ICで降りるものと思っていたら往復とも大磯ICを指定してきた。

確かに、二宮ICだと少し行き過ぎて戻る感じにはなる。

臨時の市営駐車場に車を停めたのが10:10a.m.頃、駐車料金は500円/回。

菜の花開花時期の土日だけの臨時駐車場みたいで、車の誘導と料金徴収を

地元のボランティアらしきおじさんたちがやっていた。

われわれは駐車場から北西方向に15分ほど歩いて中里口から登った。

頂上までは約20分程で到着、天候にも恵まれて、雄大な真っ白な富士山、

満開の菜の花、べた凪のキンキラ光を反射する相模湾が一望できた。

P1050102

P1050103

P1050112

P1050119

P1050131

P1050130

猫も来ていました!

P1050133

途中、水仙や梅の花も咲いていて、いい香りを漂わせていた。

************************************



 

小野照崎神社の庚申塚(2017.9/23)

日本三大庚申堂は大阪の四天王寺の庚申堂、京都八坂の庚申堂、東京入谷の庚申堂

と言われているが入谷の庚申堂は現存しないとしか言われていない。

では、その遺構や跡地でもいいから何か残っていないかと探したところ

下谷の小野照崎神社に庚申塚があるらしいということで、早速訪れてみた。

最寄りの駅は東京メトロの入谷駅だが我々はJRの鶯谷駅から歩いた。

目的地までの途中「英信寺」下谷2-5-18に寄ってみた。

社務所に置いていた神社のパンフレットから以下引用します。

庚申塚 御祭神 猿田彦命

日本三大庚申の一つとして、現在十一基の塔が祀られており、最古のものは

正保二年(1647年)の作であり、青面金剛の塔は大阪四天王寺と

同作の霊像と云われ、聖徳太子作と伝えられている。

P1030130

日本三庚申 庚申塚

P1030135

P1030136

P1030142

P1030148

P1030141

P1030143

 

P1030158

P1030132

P1030166

もう一つこの神社は境内に富士塚があることでも有名。

通常は一般に開放していないが6/30と7/1の二日間だけ開放しているらしいです。

************************************