RSS

カテゴリー別アーカイブ: 東海道

花まつりに藤沢を散歩(2018.4/8)

今日4/8はお釈迦様のお生まれになった日で、生まれてすぐ四方に七歩歩いて右手で天と左手で地を指さし「天上天下唯我独尊」と唱えたといういわれのある日。仏教用語では灌仏会(かんぶつえ)というらしいが、お釈迦様をご本尊としない日蓮宗以外の仏教諸宗では旧暦の4月8日をお祝いするのにいろいろな呼び名があるようだ。降誕会(こうたんえ)仏生会(ぶっしょうえ)浴仏会(よくぶつえ)龍華会(りゅうげえ)花会式(はなえしき)等々であり花まつりと通称で呼ぶようになったのは明治以降らしい。現に時宗である遊行寺には「釈尊降誕会」と掲示されていた。

P1030873

遊行寺の手前に復元された「高札場」と「ふじさわ宿交流館」ができていた。

平成28年(2016年)に開館したそうだ。

P1030874

交流館に展示されている小栗判官と照手姫の逸話紹介パネル

P1030876

遊行寺詣でではお決まりの珍しい合掌8手青面金剛像(左)の庚申塔も再確認。

P1030877

遊行寺の本殿

お参りして甘茶をお釈迦様にかけたらお坊さんに甘茶を振舞われた。

ほんのりした甘みがありおいしかった。

P1030880

P1030885

芝桜

P1030887

船玉神社

P1030888

P1030889

桔梗屋紙問屋:現役の店舗で国登録有形文化財

P1030890

白旗神社

P1030895

参道にあった「三夜燈(塔?)」

P1030906

昼食は朝から食べたいと思っていたカツカレー

藤沢本町駅近くのとんかつ屋さんで頂く。

おいしかったです、ごちそうさまでした。

サービスランチメニューだったので750円、レモンサワーは350円。

************************************



 

 

 

平塚の長楽寺(2015.10/10)

平塚の長楽寺訪れてみました。

10月の3連休の初日、天気予報では連休二日目の明日は本格的な雨。

暦では明日は休日と重なった「庚申の日」、

天候の悪さを押して柴又の帝釈天に行ってみる予定です。

地図によると、JR平塚駅から常楽寺までは2km足らずなのでもちろん歩いた。

暑くもなく寒くもない今頃は快適に歩ける。

DSCN9191

長楽寺まで歩く途中、商店などは余りなく、

広めの車道と歩道が平塚南口の特徴のようです。

そんな中、代官町におしゃれな海鮮料理を食べさせるレストランがありました。

メニューを見るとイギリスでポピュラーなフィッシュ&チップス等もあって、

帰りに昼時店の前を通ったら、お客さんで満員でした。

wallk LOG

平塚駅南口から南東方向に歩いてルート129を超えた先に長楽寺はあります。

pe_note

DSCN9160

やはり途中の路傍にあった新しい馬頭観世音塔

昭和六十年七月吉日再建と裏面に彫られていました。

DSCN9162

長楽寺手前にあった三嶋神社にも参拝。

DSCN9165

ゆっくり歩いて20分強で長楽寺に到着。

DSCN9166

境内の隅に石塔ばかり集められていました。

DSCN9169

DSCN9167

四臂青面金剛像 二猿 舟形

解説板によると、二猿と四臂青面金剛像の庚申塔は県内に6基しかないらしい。

他の同様の庚申塔が承応二(1653)年から明暦四(1658)年の間に建立されたものであるということからこの塔もその年代の建立だろうとのことです。

一般的な三猿・六臂青面金剛像の前身であるとのこと。

DSCN9168

四臂合掌青面金剛像・三猿

享保三戊戌(1718)天 十月吉日

DSCN9170

道標を兼ねた六臂合掌青面金剛像・三猿・二鶏

安永五(1776)丙申八月吉日

DSCN9178

三猿庚申塔

(梵字)奉造立庚申供養塔 貞享四丁卯 四月吉日


昼食は繁華な駅の北口に行きました。洋食屋さん「紅花」さんにしました。

DSCN9195

DSCN9196

瓶ビール1本とランチ2種でオイラの暗算では合計1,750円だった。

でも精算の時、レジで何故か1,770円と出た、

そして、1,800円出したら「はいお釣り20円」と言われた

ここだけは、デジタル表示が目の前にあったので、

ちゃんと突っ込んで10円返してもらったが、

何か腑に落ちない精算でした。

DSCN9193


DSCN9197

************************************